Lastest Classified Listings

都内で駅から最短距離のマンションはどこ

金曜日, 16 1月, 2015

東京での物件探しの場合、基本的にマンションが中心になるかと思います。一戸建て物件は確かにあこがれるものですが、現実的に考えると地価による高額な物件が多いです。手ごろな物件は東京郊外が多くなっているので、交通の利便性を捨ててまで求めるようなものではないと判断する人が多いという話です。交通の利便性ならばマンションは駅に近い場所を意識して建築されているものが多く、値段もそこそこで狙いやすいものが多いと言われています。

マンションから駅までの距離ですが、田端にあるものはかなりの良い距離になっているものがあります。その距離なんと徒歩一分です。熊野駅周辺のマンションなのですが、熊野駅の周辺にはまだ他にも駅の路線があるのです。例えば、山手線の西日暮里駅からも3分でたどり着けるようになっています。毎日の通勤に電車を使うという人は、この田端にあるマンションに暮らすとかなり通勤が便利なのではと思います。

そのマンションの詳細が紹介されていたので確認をして欲しいと思います。分譲中の新築マンションは東京内でも数多くあるのですが、こちらほど交通面で優れている物件はなかなか見られないと思います。一度確認してください。http://www.leben-style.jp/search/lbn-kumanomae/

田端にある駅近マンション→こちら

人口増加率の高い東京都中央区の注目物件(マンション)

月曜日, 12 5月, 2014

http://www.gs-hatchobori.com中央区八丁堀や築地エリアでマンションを探しているなら【中央区八丁堀、築地の新築・分譲マンション|グランスイート八丁堀】がオススメです。

こちらのマンションは東京メトロ日比谷線「八丁堀駅」から歩いて7分、東京メトロ有楽町線「新富町駅」から歩いて6分の場所にありますので、勤め先や生活スタイルの都合から2つの路線を利用することが可能です。

ちなみに住まい(住宅街)という観点から見ると、世田谷区をイメージする人が多いと思います。しかし近頃では中央区に移り住む家族が増えており、23区内の人口増加率で中央区は断トツの1位なんだそうです。全国的に見ても、その増加率は2位とのことで、子育てをするなら最適な地域なんでしょうね。子育てをしている人達向けの制度も充実していますし。(各種利用券の配布や公費負担など)

さて築地と八丁堀の間にある「グランスイート八丁堀」ですが、三方角地であるため隣接する建物が無いことで開放感を味わうことができます。また全邸南向きですので、日照権などの問題も心配する必要が無く、快適な暮らしを実現してくれることでしょう。

以下のリンク(公式ホームページ)から間取りや値段の詳細、資料請求の申し込みがおこなえますので、検討してみてはどうでしょうか?

中央区八丁堀、築地の新築・分譲マンション

マンション管理なら鹿島建物総合管理へ

火曜日, 14 5月, 2013

マンションは多くの建物を共有して人の生活の場となっています。マンションの管理は、大きく建物全体の器としての管理とそこに住んでいる全ての人の快適性と安全性が確保されていかなければなりません。マンション管理には、多くの要素が複雑に絡みあうので、最新のノウハウが必要となってくるのです。

ハード面の建物自体ですが、住んでいくうちに、少しずつ傷んでくるものですから、住みよい住環境を維持するための永続的に建物自体のハード面と住んでいる人全ての快適性の管理を維持していかなければならないのです。

鹿島建設という大手建築会社がありますが、作ったあとの建物全体を管理する鹿島建物総合管理という、マンション管理会社も立ちあげています。

マンションは、時代の変化とともにその管理面の強化を迫られていますが、建物自体は、賃貸の場合はそのオーナーで、分譲マンションであれば、個々の持ち主の資産となっていますので、管理とともに資産価値の確保と向上をしていかなければならないのです。

ご紹介したい鹿島建物総合管理は、こちらでご覧になれます。
http://kajima-tatemono-mansion.com/

約100社に及ぶ鹿島グループ会社としての鹿島建物総合管理ですが、全国10カ所にある支社と営業所のネットワークで管理ノウハウを駆使しながらマンション管理を行っているので、安心できる管理が可能であると考えています。

マンション管理に必要な管理会社

木曜日, 2 5月, 2013

最近のマンションはセキュリティがよく、地震にも強いことが特徴です。このように安心して暮らすことができるマンションが増えています。

そのためか、都市部を中心として住宅に住む人よりもマンションに住むという人が多く見られるようになっているようです。いまではマンション人口は非常に多くなっているといってよいでしょう。

マンションに住む場合、自分が所有する専有部分以外にもエレベーターや廊下などの共用部分があります。共有部分は、マンションの所有者全員で構成するマンション管理組合が管理しています。

マンション管理組合は、建物の管理のために、定期的なメンテナンスや修繕工事を行なわなくてはなりません。また、マンション管理の規約をつくったり、事務を行なうなど、管理運営を必要としています。

しかし、これらのマンション管理業務は、マンション管理組合では負担が多く、スムーズに運営できないことから、多くのマンションでは、マンション管理会社を活用しています。

マンション管理会社は、建物の管理や管理事務など、専門知識を必要とする業務を管理組合に代わって行なってくれます。マンショントラブルへの対応や法定点検、工事の必要性の判断や実施など、マンション管理会社でないとできない業務を引き受けています。